CIAフォーラム研究会

翻訳 f1

地区 東京
研究会名 翻訳に学ぶベストプラクティス研究会
座長 雲井 春樹氏(日本生命保険相互会社)
テーマ 国内外のベストプラクティスについて、文献を中心に研究を行い、メンバーの内部監査の向上に資することを目的とする。また、翻訳した成果物を『月刊監査研究』『Internal Auditor』等に公表し、我が国における内部監査の向上に貢献する一方、国内の内部監査のベストプラクティスを海外に発信する。
目標成果 Internal Auditorを含む海外の文献のうち、内部監査のベストプラクティスに関する論述・記述があるものを調査する。その中から、参加メンバー及び我が国の内部監査の向上に役立つと思われるものを選択して、メンバーで分担して翻訳を行う。翻訳した結果は『月刊監査研究』等を通じて公表する。(年1,2本程度)
活動方法 上記の活動に加え、今後は国内の研究結果を翻訳(和文英訳)し、『Internal Auditor』誌に投稿することを予定している。翻訳はメール等を使用して効率的に進め、たたき台を作成し、月1回の研究会でより正確な表現を目指して議論する。
備考 翻訳には広範囲な知識を必要としますので、様々な業界からのご参加をお待ちしております。バイリンガル歓迎。

一覧に戻る