CIAフォーラム研究会

CSA d1

地区 東京
研究会名 CSAの海外事例紹介研究会
座長 斎藤 淳一氏(ホウライ株式会社)
テーマ 海外のCSA事例を題材にして、CSAの基本的な考え方及び実践事例を研究する。 具体的には、IIA等が発行する資料を翻訳し、日本で内部監査に携わる方へCSAの基本とその内部監査への活用方法を紹介する。 題材としては、IIAのCSAセンター発行の資料を基本とするが、随時、他の有益な資料も探していく。

※CSA(Control Self-Assessment):内部統制に最も効果があるとされる、 全関係部署、役職員全員参加型の、統制項目の自己点検。 米国で発達して、我が国にも採り入れられてきている。
目標成果 原文に忠実な単なる翻訳ではなく、日本での理解が進むよう配慮する。 題材として翻訳したもののうち主要な数篇を紹介し、以下の目標を達成する。
  1. CSAに関する参加者の理解を深め、海外での事例を紹介する。
  2. 日本においてCSAを取入れる際の参考情報を提供する。
  3. 参考になりそうなその他の海外文献を探し、紹介の価値があるか検討する。
活動方法 月1回程度会合を行う。(協会会議室等)
担当を分担して、読込み・翻訳を行う。
会合では、翻訳もさることながら周辺情報の共有も歓迎します。
備考  

一覧に戻る