CIAフォーラム研究会

GRC a1

地区 東京
研究会名 ガバナンス・監査役研究会
座長 三木 明美氏(株式会社コーセー)
テーマ 「今求められる監査役と内部監査部門のあるべき姿ーコーポレート・ガバナンスを支える監査役と内部監査の役割ー」

いわゆる日本版SOX法に係る内部統制の評価で求められる方策や新会社法に基づく内部統制システムの整備において、監査役及び内部監査人(内部監査部門)の連携が重要な要素として期待されている。また、新会社法の下では、内部統制システムに対する取締役・取締役会の法的責務が明確になったことから、内部統制システムの整備に関する監査役への期待はさらに強まった。それらを踏まえ、内部監査人(内部監査部門)がいかに監査役の持つ強い権限・機能を有効に活用するかという視点から、日本企業の特性を踏まえたコーポレート・ガバナンスを強力にサポートする監査役と内部監査人(内部監査部門)のあるべき新しい姿を研究する。
目標成果 日本企業のコーポレート・ガバナンスを強力にサポートする監査役と内部監査人(内部監査部門)のあるべき新しい姿を演繹法的アプローチにより明確に設定する。日本企業の特性を踏まえ、実現可能な条件と課題を識別し、問題解決の方向性をも検討し、実現性のある、「あるべき姿」を提言する。
活動方法
  • ミーティングを毎月1回〜2回程度開催予定
  • メンバーでの意見交換を中心とした活動を目指す
備考  

一覧に戻る