新型コロナウイルス感染症への対応について

当協会職員の新型コロナウイルス感染について

2020/08/14

8月12日(水)、当協会東京本部職員1名が新型コロナウイルスに感染していたことが判明いたしました。
当該職員は、8月7日(金)まで東京本部で勤務をしておりましたが、勤務中は、マスクを着用し、アルコール手指消毒等の感染拡大防止策を施しておりました。


2020/08/11

8月9日(日)、当協会東京本部職員1名が新型コロナウイルスに感染していたことが 判明いたしました。
当該職員は、8月6日(木)まで東京本部で勤務をしておりましたが、勤務中は、マスクを着用し、アルコール手指消毒等の感染拡大防止策を施しておりました。

感染者の判明に伴い、当協会では職場の消毒および保健所による濃厚接触者の調査、職員の体調確認の徹底等、必要な措置を行っております。

これにより、当協会では、これまで職員の半数を在宅勤務としておりましたが、 8月17日(月)〜21日(金)の間、東京本部の全職員は在宅勤務といたします。 電話でのお問合せや協会事務局での対面業務は中止いたしますので、 各種お問合せにつきましては、協会ホームページの お問合せフォームをご利用ください。

また、当該職員を含め東京本部の職員は大阪支部の職員と一切、直接の接触はございませんので、大阪支部においては、8月17日(月)以降もこれまで通りの体制で業務を行います。

当協会では、引き続き保健所など関係各所と連携し、 協会内外の感染拡大防止と、職員の安全確保に努めて参ります。

皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


<< 記事一覧に戻る