インフォメーション

『「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜(案)』に対する意見を提出

2020/02/27

一般社団法人日本内部監査協会は、2020年1月29日付けで、「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(令和元年度)事務局あてに『「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜(案)』に対する意見を提出しました。

本意見は、2019年12月20日にスチュワードシップ・コードに関する有識者検討会(令和元年度)より意見募集された『「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜(案)』について、当協会「法令等改正対応委員会」(委員長:柿環氏(明治大学法学部教授))において検討、とりまとめたものです。

意見書の詳細についてはこちら(PDF278KB)をご覧ください。

なお、日本版スチュワードシップ・コードの改訂に係る詳細については、金融庁のホームページをご参照ください。

 

<< 記事一覧に戻る