図書・資料のご案内

内部監査の品質評価マニュアル 2017年版

<< 一覧に戻る

■発行:日本内部監査協会
■判型・ページ数:A4判・394頁
■付録:CD-ROM(付録AからFを収録)
■頒布価格:¥12,960-(税込・送料サービス)
■発行日:2019年2月28日
■ISBN:978-4-907332-26-6


概要

最新版の『内部監査の品質評価マニュアル 2017年版』は、内部監査人協会(The Institute of Internal Auditors:以下、IIA)の「内部監査の専門職的実施の国際基準」(以下、「基準」)の2017年1月1日の改訂を反映したものです。また本マニュアルは、2013年の旧版の発行以降に寄せられた内部監査の実務家による提言も反映し改善しました。

今回の2017年版の改訂にあたり、前回(2013年版)の『内部監査の品質評価マニュアル』を見直しました。2013年版の品質評価プロセスのコンセプト・デザインは創造的で洞察に富み、また品質評価プロセスがもたらす極めて意味のある方法で価値を再確認しました。その結果、今回は専門職としてのガイダンスの改訂に伴う必要な変更、およびこのプロセスをより良くするための内部監査専門家の洞察を取り入れることを意図した改訂にとどめ、コンセプト・デザインおよびフレームワークは変更しないこととしました。

「基準」では、業種、民間企業や公的機関の種別、人員規模などにかかわらず、すべての内部監査部門が品質のアシュアランスと改善のプログラムを構築し、維持することを求めています。日本内部監査協会の「内部監査品質評価ガイド」(PDF925KB)によれば、当協会の「内部監査基準」やIIAの「基準」に基づく品質評価は、IIAの「Quality Assessment Manual」または同等なガイダンスとツール、および「内部監査品質評価ガイド」に基づき実施すべきとしています。日本の内部監査の品質評価の実施には、本マニュアルと「内部監査品質評価ガイド」を併用することが重要です。あらゆる企業の組織体の内部監査部門の品質向上に活用していただけるマニュアルです。

目次

ページTOP