図書・資料のご案内

COSO内部統制の統合的フレームワーク
-内部監査に活かす原則主義的実践ガイド

<< 一覧に戻る

ラリー・E・リッテンバーグ 著
八田進二 監訳
堺咲子 訳

■発行:日本内部監査協会
■判型・ページ数:A5判・92ページ
■頒布価格:¥2,700-(税込・送料サービス)
■発行日:2014年3月31日初版
■ISBN:978-4-907332-06-8

概要

本書は、2013年にトレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)が「内部統制の統合的フレームワーク」を改訂したことを受けて、COSO名誉会長のラリー・リッテンバーグ氏が、あらゆる業種の内部監査人が自らの組織への影響を素早く識別するのに役立つようにと著したものです。短くて読みやすい本書は、COSOの「内部統制の統合的フレームワーク」の2013年改訂版のための必携の書と言えます。

目次

序論
内部監査人にとって最新のガイダンスは何を意味するのか
第1章 定義、原則および着眼点
コントロールの評価:バランスの取れた行動
17の原則
最新のフレームワークにおける主要な関連性の理解
独立的分析および判断対チェックリスト.
第2章 最新版導入のための内部監査の計画
第3章 財務報告遵守より広い目的
第4章 内部統制上の不備の評価
統合的アプローチの中で一体的に機能する5つの構成要素.
第5章 内部監査のためのリーダーシップの機会
最新のフレームワークに関連する価値の伝達における積極的役割
タイミングと実施
第6章 前進:内部監査のための行動
リーダーシップの機会
積極的な研修を行う
測定可能なゴールおよび目的を伴ったアクションプランを策定する
結論

※ 日本内部監査協会は、本書(原題:COSO Internal Control - Integrated Framework: Turning Principles Into Positive Action,発行:IIA調査研究財団)の日本での翻訳権を有しています。

ページTOP