図書・資料のご案内

ソーシャルメディア戦略 ‐ガバナンス,リスク,内部監査‐

<< 一覧に戻る

ピーター R.スコット
J.マイク ジャッカ 著
櫻井通晴・伊藤和憲・吉武一 監訳
小酒井正和・伊藤武志・関谷浩行・竹迫秀俊・梅田宙 訳

■発行:日本内部監査協会
■判型・ページ数:A5判・200ページ
■頒布価格:¥3,960-(税込・国内送料サービス)
■発行日:2013年9月20日
■ISBN:978-4-907332-02-0

概要

本書は、企業のマーケティングやIR担当者、一般の経営者、および内部監査担当者はもちろんのこと、企業や非営利組織の経営幹部、社会科学系のすべての専門の研究者、大学院生、学部のゼミ生に読んでいただくことを想定して執筆された。本書がソーシャルメディア戦略の研究、内部監査の研究を通じて日本経済の持続的発展に多少なりとも貢献できるならば、監訳者のこれに過ぎたる喜びはない。  <「監訳者前書き」より>

目次

はじめに
なぜ,誰もがソーシャルメディアに関心を持たなければならないのか。
第1章
ソーシャルメディア:意義と目的
第2章
ソーシャルメディア:企業戦略
第3章
モニタリングと測定
第4章
ソーシャルメディアのポリシー設定
第5章
ソーシャルメディア・リスク
第6章
ソーシャルメディアのガバナンス
第7章
ソーシャルメディアの監査
付録
 

※ 日本内部監査協会は、本書(原題:Auditing Social Media,A Governance and Risk Guide,発行:John Wiley & Sons,Inc.)の日本での翻訳権を有しています。

ページTOP