資格認定制度からのお知らせ

IIA資格認定試験 試験プログラム有効期限延長(1年間)申請方法変更のお知らせ

2014/11/10 , 2017/04/13改訂

IIA資格認定試験 受験者各位

10月20日に本ホームページにてご案内しておりました、同プログラムの手順において、申請方法に変更がございましたので、あらためましてご案内申し上げます。

現在、IIA資格認定試験(CIA,CCSA,CFSA,CRMAまたはCGAP)を受験中の方には登録日より4年間の有効期限が設定されています。このたび、IIAでは各受験資格に設定されている試験プログラムの有効期限に関し、試験プログラムの有効期限日(4年間)が2014年8月26日以降の受験者を対象に、一つの試験プログラムに対し1回限り、1年間延長する申請の受付を開始いたしました。
試験プログラムの有効期限日の延長を希望される方は、IIA国際本部の認定試験受験者管理システム(CCMS)にアクセスし、直接お手続きいただくことになります。

本手続はIIA国際本部の「エンドユーザー使用許諾契約」に則り、IIA国際本部と直接お手続きいただくものです。お手続きの過程で表示される各規定をよくお読みいただき、合意いただいた上でお進めください。
手続き完了後のキャンセルまたは設定内容の変更については一切お受けできません。


対象資格:
IIA資格認定試験(CIA、CCSA、CFSA、CRMAおよびCGAP)
対象者:
対象者:試験プログラムの有効期限日(4年間)が2014年8月26日以降の受験者で、
有効期限が切れていない方
(有効期限を過ぎた方は申請頂くことはできませんので、ご注意ください)
申請料金:
275 USドル〔全資格、IIA個人会員/IIA個人会員以外共通〕
お支払い方法:
クレジットカードのみ(VISA/AMEX/MasterCard)
申請手順:
  1. cia-mailassistance@iiajapan.com 宛に以下の内容を記載し送信
    件名:IIA資格認定試験 試験プログラム有効期限日延長希望
    本文: 1)氏名
    2)ID
    3)該当試験とその試験プログラムの有効期限日
  2. 日本内部監査協会よりCCMSへのアクセスの手順に関するメールを受信
  3. メールの案内に従いCCMSにてご自身で手続きおよび支払いを完了
(「IIA資格認定試験 試験プログラムの有効期限延長(1年間)申請書」による受付は出来なくなくなりました。)

申請後の延長事例
  現在 延長後
試験プログラムの有効期限日 2014年12月1日 2015年12月1日(1年間延長)
CIA Part1の受験の有効期限日 2014年11月1日 2014年11月1日(変更されません)
CCSAの受験有効期限日 2014年11月1日 2014年11月1日(変更されません)
注1: この有効期限延長はCIA試験の各パートの有効期限(180日)を延長するものではありません。IIA認定資格ガイドラインによる試験プログラムの4年間の有効期限を対象としたものです。
注2: IIAでの変更に伴い、変更される場合がございます。お手続き前に必ずホームページにてご確認をお願いします。
  有効期限延長申請 再登録
試験プログラムの有効期間 申請日に関わらず、 現在の試験プログラムの有効期限より1年間 (1回のみ申請可能)
※試験プログラムの有効期限が2015年1月25日の場合、有効期限の延長申請を2015年1月20日にされても、2015年1月21日にされても、延長後の試験プログラムの有効期限は2016年1月25日となります。
IIAにて再登録手続きをした日から4年間

※再登録の手続開始日は、試験プログラムの有効期限が切れた、翌日からとなります。
既合格パートの取り扱い 前回、試験プログラムより1年間有効
(延長後の有効期限日まで有効)
失効
CIA試験の場合、既合格パートについては、合格した日より3年間、登録及び受験ができません。
推薦状・実務経験証明書の提出 延長後の有効期限日までにIIAにて承認手続完了 推薦状:過去に提出されたことがない方は、再登録時にご提出ください。
実務経験証明書:再登録手続をした日から4年の間にIIAにて承認手続が完了することが要件となります。
料金 有効期限延長申請料(全資格、IIA個人会員/個人会員以外共通)
275 USドル
(VISA, Master, Amex のいずれかのクレジットカード決済のみ)
登録料
IIA個人会員:¥12,000-(税込)
IIA個人会員以外:¥24,000-(税込)
申請方法と提出書類 cia-mailassistance@iiajapan.com 宛にメール送信(上記申請手順参照
・その後、日本内部監査協会監査協会からの返信メールの案内に従いIIA国際本部の認定試験受験者管理システム(CCMS)にてご自身で手続きおよび支払いを完了してください。
・受験登録は、別途、受験申込書の提出が必要となります。
・「有効期限延長申請書」による受付は出来なくなりました。
・受験申込書(必須)
・推薦状(以前、提出されたことがない方は必須)
・顔写真付き身分証明書コピー(必須)
※実務経験証明書は前回未提出の方のみ
受付期間 現在の試験プログラムの有効期限の 1ヶ月前までに日本内部監査協会にメール送信が必要です。
(例:2014年12月25日が現在の有効期限の方:延長後の有効期限となる2014年11月25日までに日本内部監査協会にメール送信してください。)
IIA国際本部の認定試験受験者管理システム(CCMS)での手続きは、現在の試験プログラムの有効期限の、1週間前まで手続きを完了してください。
・現在の有効期限を経過した場合は受付不可となります。
制限はございません。

※再登録の手続開始日は、試験プログラムの有効期限が切れた、翌日からとなります。
  • 2014年8月25日以前に、試験プログラムの有効期限が失効した方は対象外となり、再登録のみの受付となります。
  • IIAでの変更・改定に伴い、変更される場合がございます。お手続をされる前に、ホームページの確認をお願いいたします。

<< 記事一覧に戻る