日本内部監査協会認定講習会

情報システム監査専門内部監査士

情報システム監査専門内部監査士とは、日本内部監査協会が主催する情報システム監査専門内部監査士認定講習会を修了したものに与えられる称号です。この講習会は、情報システムの監査の理論と実務の体系的な講習によって内部監査人の情報システム監査に関する教育、養成を図ることを目的とした研修の場です。
情報システム監査専門内部監査士資格につきましては国内資格となっており、英文名称は設定しておりません。

お電話でのお問合せ

情報システム監査専門内部監査士に関するお問合せ・ご相談は、以下の連絡先において受付けています。

企画調査部 部会・研修課
03-6214-2231
※ 受付時間 平日 9:00〜17:00(12〜13時を除く)

情報システム監査専門内部監査士認定講習会

講習開講期間 開講期 開講期間 講習会場
- 7月上旬〜7月中旬 東京(9日間/50時間−昼間開講)
受講費 区分 受講費
正会員
個人会員
¥162,000(税込)
非会員 ¥232,200(税込)
受講資格 次のいずれかに該当すること。
  1. 大学・専門学校等において、会計学・商学・経営学・経済学・情報工学等のうち、いずれかを学んだ方、及びこれと同等の資格・能力の方。
  2. 1.に該当しない場合は、内部監査業務に携わっている方。
合格認定審査 所定の課程を修め、修了論文を提出した方については、論文審査を行い、さらに講習出席状況を考慮のうえ合格者を決定します。 合格者には認定証書とともに"情報システム監査専門 内部監査士"の称号を授与します。
論文提出方法 講習期間中に受講者あて文書で依頼し、講習終了後1ヶ月以内に論文提出。(論文の長さ/8,000〜10,000字、論文テーマ/指定テーマより1テーマを選択、 論文内容/内部監査の理論もしくは実務に関するもの)
審査結果発表方法
  1. 合格者にはフォローアップ研修の際に認定証書を授与いたします。
  2. 不合格者には事前に本人宛ご連絡をいたします。
  3. 優秀論文は、機関誌『月刊監査研究』に掲載いたします。
合格者の特典 協会機関誌『月刊監査研究』を自宅あて1年間贈呈します。
カリキュラム
  • 情報システム監査のフレームワーク
  • 情報システム監査の実施手順
  • 情報システムの戦略性・有効性・効率性の管理と監査
  • 内部統制報告制度におけるIT統制の評価と監査
  • 実例に学ぶIT統制評価の実務
  • 情報セキュリティの管理と監査
  • 個人情報保護の管理と監査
  • 情報システム外部委託の管理と監査
  • 情報システムに係るBCMの管理と監査
  • ネットワーク・システムの管理と監査
  • 業務監査と情報システム監査の連携
  • 情報システム監査の方向性
  • ケースによる監査の模擬経験
    −リスクの把握、監査のポイントの設定とコントロールの評価、改善提案など−

ページTOP