IIA認定国際資格

公認内部監査人 認定試験ガイド-新3パート構成

企業を取り巻く経営環境の激変の中、近年内部監査の重要性が認識されるようになり、内部監査人の能力の証明に対する要求が高まりました。こうした状況から、IIAの日本代表機関である日本内部監査協会(IIA-Japan)では、1999年11月より世界水準の資格であるCIA資格認定試験の「日本語」受験を実現しました。

CIA(Certified Internal Auditor-公認内部監査人)は、資格認定試験に合格し、実務経験等の要件を満たした者に授与される称号です。CIA資格認定試験は、内部監査人の能力の証明と向上を目的とした世界水準の認定制度で、世界約190の国と地域で実施されています。内部監査人の唯一国際的な資格であるCIAの称号は、業務に精通したプロフェッショナルとして経営者の信頼を得て、21世紀のグローバル社会を勝ち抜くための、最良の資格です。

2014/01/01実施
2016/03/01改訂

CIA公認内部監査人認定試験ガイド-目次

  1. 受験申込から認定までの流れ(PDF533KB)
  2. 有効期限について(PDF533KB)
  3. 認定要件(PDF533KB)
  4. 提出書類(PDF533KB)
  5. 受験料(PDF533KB)
  6. CBT 試験と採点について(PDF533KB)
  7. ピアソンVUE テストセンターの予約(PDF533KB)
  8. 出題トピック(PDF533KB)
  9. 再受験の手続きについて(PDF533KB)
  10. 認定のお手続きについて (PDF533KB)
  11. 資格更新について:CPE(継続的専門能力開発制度)(PDF533KB)
  12. よくあるご質問(PDF533KB)

※ 2017年1月1日施行の「内部監査の専門職的実施の国際基準」2017年版の日本語試験問題への反映は現時点では、なされておりません。IIAからの発表があり次第、当ホームページにてご案内いたします。

CIAパンフレット

合格者累計人数

ご参考

専門職的実施の国際フレームワーク(International Professional Practices Framework;IPPF)
内部監査人協会(The Institute of Internal Auditors:以下IIA)が、2013年1月に発行した「専門職的実施の国際フレームワーク」(International Professional Practices Framework:以下IPPF)です。今般の「基準」の改訂と、「実践要綱」の改訂(2011年末までの追加公表分)が反映されています。
「IPPF」は内部監査人にとって必携の書籍です。IIAの実施する公認内部監査人(CIA)の資格認定試験の学習関連資料としても活用できます。
内部監査定義
内部監査実践要綱


ページTOP